1. 西大寺会陽・・裸祭りラスト

    西大寺会陽・・裸祭りラスト

    今年の裸の男性達の参加者は、4年ぶりの開催でしたので裸の参加者は、9千人だったそうです。その裸の参加者も含めて、参拝客、カメラマン、観光客の人数が44,000人だったそうですから、私が撮影していた場所が、おしくらまんじゅう・・状態だったのも頷けます。全ての裸の男性が、本堂の床の上に立つことは無理ですのでどうしても、入れない人は、階段の上や、外の地面に溢れます。外国の参加者も、多かったようです。一斉...

    2024/02/20
  2. 西大寺会陽…裸祭り

    西大寺会陽…裸祭り

    日本三大奇祭の一つ、西大寺会陽の裸祭りは家から、車で20分なので、気軽に見に行くことができます。まず、7時からの花火を撮影して、徒歩数分の、裸祭りの会場へ移動。まず、裸の参加者は、ここで身を清めます・・・垢離取り場昼間は、自由に入って、この場所を撮影できますが夕方になると、立ち入り禁止です。鳥居の奥の、左下に、白い幕が途切れている部分があり、カメラがセットされていてずっと、生中継されていました。その...

    2024/02/19
  3. 足守の雛祭り・・藤田千年治邸

    足守の雛祭り・・藤田千年治邸

    足守の街並みの中にある、醤油製造をしている、藤田千年治邸の雛人形です。江戸時代末期に、建築された、貴重な商家の建物で初代の醤油づくりの様子が、再現されています。90㎜のレンズでは、全体が写せませんでした。昭和10年代の、お雛様座敷の上り口から、部屋全体の何百体という数の、お雛様が見渡せるのに手持ち撮影は、ブレていて、アップできません。昔の裸電球の、薄暗い和室ですので、それが、いい雰囲気なので、お気...

    2024/02/16
  4. 足守のお雛様・・近水園

    足守のお雛様・・近水園

    足守の町の北側に位置する、近水園(おみずえん)の今年の雛飾りは、圧巻でした。去年も、ここに見に来たのですがこれほど、展示してなかったような記憶がありますが私の思い込みかも、しれません。近水園…次第に、雛人形が見えてきて、うわ~今年は、雛段の数が凄いです!!実は、この日、90mm マクロレンズが軽いので、カメラに付けっぱなしで撮影しましたので、かなり遠くから撮っています。近水園旧足守藩主の庭園 立派...

    2024/02/15
  5. 足守のお雛様

    足守のお雛様

    我が家から、ちょっとお出かけすると、どうしても車で片道1時間半前後はかかるのでほぼ、往復100キロ位のドライブになります。それを、今週は、3日連続で出かけたので右肩というか、右の腕の付け根の外側が痛くなり夜中、痛みで熟睡できない日がありました。昨夜は、久し振りに、整形外科で、以前貰っていた湿布薬を貼って寝た所・・熟睡しました・・・もう、一日、100キロの運転は、体力的に厳しくなりました~運転だけな...

    2024/02/14