西大寺会陽・・裸祭りラスト

今年の裸の男性達の参加者は、4年ぶりの開催でしたので
裸の参加者は、9千人だったそうです。

その裸の参加者も含めて、参拝客、カメラマン、観光客の人数が
44,000人だったそうですから、
私が撮影していた場所が、おしくらまんじゅう・・状態だったのも
頷けます。

全ての裸の男性が、本堂の床の上に立つことは無理ですので
どうしても、入れない人は、階段の上や、外の地面に溢れます。

IMG_0662_20240219095126608.jpg



外国の参加者も、多かったようです。

IMG_0636_20240220130618ea5.jpg





IMG_0643_20240220130621e05.jpg



一斉に、灯りが消され、真っ暗闇の中で、本堂の2階の窓から
宝木(しんぎ)が、投下されます。
この後、争奪戦が始まるのですが、
私の前には、消防の人が、3重になってガードしているので
裸の男性達争奪戦は、見え隠れして、撮影が難しくなります。

IMG_0705.jpg



地面に降りて、争奪戦が・・・

IMG_0727.jpg







今回、撮った写真の中で、これが自分的に、気に入っています。

IMG_0701_2024022013062232d.jpg




私が撮りたいと思った瞬間は、他の観客も撮りたいのは同じなので
一斉にスマホが、頭上に見えるのも、今の時代ですね。

私の背後の、一段高くなったところに、三脚がずらりと並び
海外メディア用のスペースがあり、
私は、そのすぐ下で撮影していたので、位置的には、ここに移動して正解でした。


観光写真にあるように、宝木を投下した瞬間を
本堂の2階の窓から撮影すれば、迫力ある写真が撮れるのですが。


それが…去年は、2階から撮影できたんですよ。
なぜなら、コロナ禍だったので、形式的な裸祭りの為
宝木も投下されなかったので、割合と自由に、撮影ができました・・
今、思い返すと、昨年がチャンスでした。



左側の本堂から、争奪戦を終えた参加者たちが、西の門を潜って、出て行きます。
ただ、参加者の男性たちは、アドレナリンが出て、興奮状態ですので
一触即発の状態です。

一瞬、ヒヤッとする場面を見て、動けなくなってしましたが、すぐに収まったようです。
私の隣で、その様子を見ていた高齢の女性が
「祭りが終わった後、参加者の近くに行ったら、ダメ」と
強い口調で話していらっしゃったのが、印象的でした。

500年も続いている祭りですので
色んなことが起きるのでしょうね。

IMG_0761_202402201306265b1.jpg




本堂の前に集合~皆さん、お疲れ様でした。
消防関係の方、お世話になりました。

IMG_0769.jpg


祭りは、テレビのニュースで見るのと、実際に現場で見るのとは
大きな違いがあることを、実感しました。

今日も良い一日を~

スポンサーサイト



ベルモール

すごい迫力ですね

まだ見たことがなくて、今年こそは行きたいと思っていましたが 肩の調子が悪くて断念しました。
すごい迫力ですね。こんなに近くで撮影できるのですか。
来年こそは きっと!!

2024/02/20 (Tue) 14:51
稜線を渡る風

ぶるーびーさん、いつもコメントありがとうございます
この日はサンライズ狙いだったのですが、晴れそうなので急遽天の川も
兼かねて早く家を出ました
久しぶりに瀬戸橋と綺麗な天の川を見る事が出来ました。
この日、BSN新潟放送で「耕して天に至る 第二弾」で私の画像が放送されました。
以前の第一弾と同じようにユーチューブで見る事が出来ます。
良かったらユーチューブで「BSN新潟放送 耕して天に至る」と検索してみてください

2024/02/20 (Tue) 23:28
ぶるーびー
ぶるーびー

ベルモール様
おはようございます。

まだ、肩の痛みが続いているのですか。
でも、その内、痛みが嘘の様に消える日がくるかもしれないので、それまでお大事になさってくださいね。
私も、撮影した翌日は、決まって、右肩が痛くなるので、カメラの重量が原因だと
確信しています。

最近は、本当に、撮影に出かける回数が減りました。

でも、土曜日の気温が、例年になく暖かいので、最後まで楽しむことにしました。
是非、来年こそは、お出かけになってみてくださいね。
私が撮影した場所が、本堂に一番近く、一番危険な場所かもしれません(笑)

いつもご訪問ありがとうございます。

2024/02/21 (Wed) 09:33
ぶるーびー
ぶるーびー

稜線を渡る風様
早速、今、動画を観終えました。
新潟放送のホームページから、観たのですが、新潟の美しい風景や
厳しい冬の自然、棚田の地域の人々の、生き生きとした暮らし、ご苦労・・・等々
とても、心に沁みる番組内容でした。

番組内で、紹介されていた、星の輝く、お写真も拝見しましたよ。
こんな場所が、日本にあること、この場所へ、撮影にお出かけになれる環境でいらっしゃることが
素晴らしいです。

我が県内にも、美しい棚田があるので、今年は、あちこちに通ってみたくなりました。
棚田と星は、撮ってみたいのですが、猪が怖くて、私には無理ですが
稜線を渡る風様の、ブログで、星景写真を楽しませて頂こうと思っています。

番組の情報をありがとうございました。
いつもご訪問ありがとうございます。

2024/02/21 (Wed) 10:34
フウ

ぶるーびーさん こんにちは~
今日はにゃんにゃんにゃんの日ですね^^
コロナ明けの祭という事で今年はあちこちのはだか祭が元通りの形で執り行われたようですね。
寒の寒い時期に禊をして臨むのですから
それなりの覚悟も要るでしょうし、テンション上げなければ参加出来ませんよね。
TVで黒石寺のはだか祭が今年で最後という事で取り上げられた事もあって
日本中にこんなに沢山あるのだと初めて知りました。
それにしても裸の参加者だけでも9000人とはびっくり!!!
プロでも撮影が大変そうですので、ご無事で何よりです^^;

2024/02/22 (Thu) 14:28
ぶるーびー
ぶるーびー

フウ様
私も、後で思うと、よく、あんな危険な場所に、年寄りが←ここが問題
潜り込んで撮影したものだと、自分ながら呆れます(笑)

今年は、花火大会の後も暖かくて、こんな年は、今後もまずないだろうと思い
この気温なら、最後まで居ても、体力的に大丈夫と判断して
花火終了の7時半から、10時の宝木の投下まで、本当に近い所で
見ることができました。

裸の参加者が、9千人、町中を練り歩いた後、境内に順番に入ってくるのですが
流石に、全員が、境内に集合するには狭すぎるし

本気で宝木を奪い合うのは、怪我を伴うので、争奪戦は、皆さん、敬遠なさるのでしょう。
毎年、地元のグループが、宝木を奪う為だけに、トレーニングを一年間、続けているので
一般の参加者には、とてもではないですが、奪えないでしょうね。

とにかく、物凄い、迫力でした~来年は、怪我をするかもしれないので
多分、私の撮影は、今年が最後です‥・ご安心下さい(笑)

いつもご訪問、ありがとうございます。

2024/02/22 (Thu) 17:48