セツブンソウに会いに


ここは、去年、会いに来たのですが、既に殆どの花が終わっていて
残念な思いをしたので、今年は、早めに来ました。

ベストタイミングでした。
テニスコート位の広さに、一面、セツブンソウが咲いています。

字面すれすれの、撮影用の三脚を持っていないというか
まだ、買う決断をしていないので・・・
カメラを地面に置いて、石ころや、木の枝をカメラの下に置いて
高さ調整をして、レリーズで撮影しました。

晴れたり、曇ったり、もう、露出がめちゃくちゃで
マニュアルで撮るべきでした。
本当に、何年経っても、上達しないので、もう、諦めました~


IMG_0393.jpg





レンズを、90mmマクロ、広角、52mm単焦点・・と、3本のレンズを交換しながら
撮ったのですが、後で撮った写真を自分で見て、どれがどれか分からなくなって
せめて、2本でしょう~(笑)


この場所の、セツブンソウは、とにかく密集し過ぎで、撮影が難しい~

IMG_0332.jpg





IMG_0373 - コピー




先日、山歩きで、藤蔓を少しだけ採って、植木鉢カバーを編みました。

IMG_20240214_111036.jpg






IMG_20240214_112339.jpg





庭で毎年咲く、桔梗の花の種を、去年、収穫していたのを
今年、植えてみました。
鼻息で、飛びそうなぐらい、小さな種

IMG_20240214_111350.jpg




IMG_20240214_111253.jpg




最近、いつも美味しいと思って、食べているお米に
感動が薄れてきたので(贅沢を言ってすみません)
今回は、ゆめぴりか・・を、買ってみました。
新潟産のこしひかりと、迷いましたが・・・

先日、テレビを見ていたら、昭和の時代の、今では驚くような出来事・・
という特集を放送していて

30年以上?前に、国内のお米が不作の年があり、今までの様に
買えていた、お米が手に入りにくなった出来事を
取り上げていました。

それを見て、思い出しました。
そういえば、丁度その年に、友人と、県外の有名な温泉地にツアー旅行していて
その夜、宿泊した旅館で、これは、一体、何米ですか?と
聞きたいぐらいの、不味い(すみません)お米が出たのですが
多分、古米なのでしょう・・・色もベージュ色で、形も、お米とは思えないものでした。

この時、今は、全国的に、国産米が無いのだから
我慢して食べなくては・・と
諦めて、少しだけ食べたのを、思い出しました。



IMG_20240213_125535.jpg



良い週末をお過ごし下さいね。

いつもご訪問ありがとうございます。



足守の雛祭り・・藤田千年治邸


足守の街並みの中にある、醤油製造をしている、藤田千年治邸の
雛人形です。

江戸時代末期に、建築された、貴重な商家の建物で
初代の醤油づくりの様子が、再現されています。

IMG_0316_20240215100738022.jpg





90㎜のレンズでは、全体が写せませんでした。

IMG_0324_20240214185248be2.jpg




昭和10年代の、お雛様

IMG_0319_2024021509403248f.jpg



座敷の上り口から、部屋全体の何百体という数の、お雛様が見渡せるのに
手持ち撮影は、ブレていて、アップできません。
昔の裸電球の、薄暗い和室ですので、それが、いい雰囲気なので、お気に入りの場所です。


人が、居ない・・・
雛祭りの時だけでなく、四季折々に、季節の花を見ながらの
街歩きも、楽しい足守です。


IMG_0313_2024021510073628e.jpg





我が家の庭に、毎日の様にやってくる、ジョウビタキ・・・

女の子と・・・

IMG_8342_202402150940351c1.jpg



男の子・・・
キッチン横の庭なので、室内から撮影…3mの距離です。

IMG_9160.jpg




近所の山で、出会えるジョウビタキ

IMG_9144_20240215094037cb8.jpg




気温が上がってきたので、今年は、例年より早く、姿を消すかも・・・

IMG_9123.jpg


先日の、直登の山歩きの後
腰の下の、臀部の上辺りが、軽い痛みが続いていて、相当、筋肉を使ったのでしょう。
普段の生活では、坂を上る筋肉を使うことがないので、いい運動にはなりましたが。


今日も良い一日を~


足守のお雛様・・近水園


足守の町の北側に位置する、近水園(おみずえん)の
今年の雛飾りは、圧巻でした。

去年も、ここに見に来たのですが
これほど、展示してなかったような記憶がありますが
私の思い込みかも、しれません。


近水園…次第に、雛人形が見えてきて、うわ~今年は、雛段の数が凄いです!!

実は、この日、90mm マクロレンズが軽いので、カメラに付けっぱなしで
撮影しましたので、かなり遠くから撮っています。

近水園
旧足守藩主の庭園 

IMG_0292_20240214185238332.jpg




IMG_0294.jpg




立派な池があり、紅葉の名所でもあり
小堀遠州流の庭園といわれています。
池泉回遊式庭園で、広さは5,500平方メートルです。
池や、敷地内の川には、すぐ横の足守川の水が引かれていています。

IMG_0299.jpg



足守川の河川敷に、車を停めれば
河川敷から、10m位で、近水園に入れます・・
足守の駐車場は、どこも無料ですし、近水園も無料です。

近水園の庭の、足守川沿いには、山茶花の生け垣があり、素敵です。

IMG_0300.jpg


次に行ったのは、旧足守商家の、藤田千年治邸の、圧巻の雛人形で
続きます。


足守の街並みは、雛人形を全部見て回っても、歩く距離が短いので
歩くのが苦手な方でも
ちょっとした、散歩気分で、全部、見て回れるのがいいですね。


今日も良い一日を~





足守のお雛様


我が家から、ちょっとお出かけすると、どうしても車で片道1時間半前後はかかるので
ほぼ、往復100キロ位のドライブになります。

それを、今週は、3日連続で出かけたので
右肩というか、右の腕の付け根の外側が痛くなり
夜中、痛みで熟睡できない日がありました。

昨夜は、久し振りに、整形外科で、以前貰っていた湿布薬を
貼って寝た所・・熟睡しました・・・

もう、一日、100キロの運転は、体力的に厳しくなりました~
運転だけならまだしも、目的地に到着すると
そこから、ハードな山歩きや、山野草の撮影が始まります。


電車や、バスで、目的地に行ける、便利な都会が
羨ましく思うこともあります~


バスで、岡山駅に行こうとすると、1時間に2本ですし
片道、3~40分掛かりますが
車なら、20分弱で行けるので、どうしても、時間が勿体なくて
利用する気になれません。

足守も、車で1時間掛かる場所ですが
お気に入りの雛祭りは、毎年、撮影に出かけています。

点々と、民家の軒先に、その家の雛人形が、飾ってあります。

IMG_0312.jpg





IMG_0309.jpg




IMG_0321_20240214130230dfd.jpg






IMG_0317_20240214130232f46.jpg




このガラスをはめ込んだ、古い障子は、もうなかなか見られないでしょう。

IMG_0320.jpg








IMG_0305_20240214124750a6b.jpg




この1枚は、道路から奥まった場所にある建物の、縁側にぐるりと
飾ってあるお雛様なので
殆どの方が、知らずに素通りなさるでしょう。

IMG_0304.jpg






下の写真の足守プラザと、右奥の建物の間の路地を
奥に進むと、右側にある建物の、裏庭に入ることができ
そこに、上の写真の雛人形が、飾ってあります。

足守の古い町並みは、こんな感じで
いつ行っても、地元の人が、歩いている姿を見かけることはありませんし

雛祭りのシーズンでも、雛人形を見に来る人も、多くて2~3人と
すれ違う位で
本当に、静かな場所です。

もっと、観光客で賑わう価値のある場所なので
賑わって欲しい気持ちと
反面、今まで通り、ひっそりと、静かな雰囲気を独り占めしたいという気持ちがあります。


IMG_0325.jpg



そうそう、侍屋敷は、工事中でしたので、雛人形は飾ってありませんが
その分、近水園(おみずえん)に、例年よりも、沢山の雛段が見られますので
是非、お出かけになってみてくださいね。

近水園の、雛人形の写真が、続きます。


今日も良い一日を~

お勧めのハイキングコース・・正木山

昨日は、本当にお天気が良くて、前から気になっていた
総社市の、正木山に登ってきました。

標高は、381mですが、私は、山の中腹まで車で行きましたので
標高200m地点から、山頂まで歩きました。
登りは1時間ちょっと、下りは50分位かかりました。

行く迄は、誰にも出会わずに、ちょっと寂しいハイキングになるだろうと
覚悟していましたが、この日、10人位の人に出会いましたので
市民、県民の方に、人気の山の様です。

山歩き歴の長いご夫婦と、山頂で暫くお話をしましたが
こういう方と山歩きすると、経験と情報が多いので、頼りになるでしょうね。
本当に、ご夫婦で山登りって、素敵です。

それにしても、ご主人の召し上がっていた、特大お握りは
普通サイズの3倍位はありました(笑)

道中は、余りにハードで、写真が撮れませんでしたが
道中の様子です。
山登りが趣味という、出会ったご夫婦でも、ここの道は、きつい・・・と仰っていましたので
私が、しんどいのも納得です。


最初の数百メートルは、雨が降ったら、ここは渓流になるだろうというように
深く掘れて、片足を踏み入れるのがやっとの、狭い道を登ります・・・


桜の大木が、倒れても、生き延びていました・・・

IMG_20240212_113757.jpg





IMG_20240212_115623.jpg




山道の両側には、猪の掘り返した穴や、水溜りは、蒐場になっていました。
日没後は、猪が相当数、出てくるでしょう。
この山道は、大きな岩が敷き詰めてあって、滑らないように注意が必要。

IMG_20240212_120427.jpg




50分位、息を切らして登った所に、鳥居とお社が。
ここで出会った、ご夫婦が、展望台のある場所を、細かく教えて下さり
展望台へ行ってみました。


IMG_20240212_120908.jpg



東方面、総社市が見えます。

IMG_20240212_122724.jpg



正面の一番奥には、瀬戸内海や、島々が見えます。
水島工業地帯が、広がっています。

手前の、銀色に光って見えるのは、真備にある、工業団地の社員の方の車です~凄い数。
正木山の展望台から見ると、真備町と瀬戸内海が一望です。

IMG_20240212_122742.jpg




正木山の展望台は、お勧めですよ。
私は、7月頃に夕日を撮りに、ここに撮影に来てみたいと思っていますが
帰りの真っ暗な山道を、カメラを持って、往復2時間歩くことは、100%無理です。

でも、この展望台まで来て、気づいたのですが
展望台から、大野の集落へ続く、車の通れる道があることを発見。
撮影に来るなら、車に限ります。


IMG_20240212_123512.jpg

今日の写真は、全て、スマホです。

今日も良い一日を~